« 伊勢崎2days | トップページ | 秋の訪れに綴る »

2012年8月13日 (月)

淡路島の音。そしてみちのくで僕が唄う理由。

Photo
ap bank fes '12淡路島にいってきました。
本当に会場の音が温かくて気持ちよかった。

木々や土、海と山、そのすべての構造が反響しあって奏でる天然のリバーブが温かかったのかも知れない。

会場に足を運んだ人は、なぜbank bandが旅をするのかその理由が明らかになったかと思います。
もしDVD化されたら、それを観れば誰もが納得する理由があるんです。

色々な想いは多々あるけど、今回の旅は素直に音楽を楽しもうと思っている。
そしてそれが繋がっているその先、Fund for Japanの名のもとに集まったミュージシャン、スタッフの方々、そしてお客さんが願う東北の復興へリレーすると深く信じている。

みちのくのeco-reso liveに出演が決定しました。
2日目の本編終了後の19:20〜です。
つま恋、淡路島、みちのくと全てが終わった本当に最後の最後の日の最後に唄わせてもらう事、心から嬉しく思います。

今回はせーちゃん(滝本成吾くん)と二人だけで、ピアノと唄でやってみたいと思います。
思い入れのあるみちのくで、震災を受けて書いた「あした咲く花」を心を込めて丁寧に唄うつもりです。

旅の最後に僕が何を想い、どう唄うのか?
自分でもまだ分からないけど、きっと何かを得るであろうことは間違いないです。

きっと家路を急ぐ方も多いと思います。そんな人達の背中にそっと手を振るように唄いたいと思います。

時間を共有出来る方はぜひに!

9月以降のライヴインフォメーションはコチラ

|

« 伊勢崎2days | トップページ | 秋の訪れに綴る »

コメント


みちのくap亮太さんライブnote参加させて頂きましたup
もちろん規制退場をくぐり抜けsmile

伝わってくるものひしひしとあって最高でしたhappy01

亮太さんライブnoteなかなか参加できるチャンスがなくやっとかないましたup

投稿: 広沢 | 2012年8月21日 (火) 17時22分

みちのくkotiライブ参加しました。

キャンドルの温かい灯りのもとで、登坂さんの声が心に浸みわたり感動しました。

bank bandの登坂さん、kurkku3の登坂さんとはまた違う、あの優しく語りかけるような唄が素敵すぎでした。

サウンドチェックの時は、stage crew Tシャツを着た人たちにまぎれてまさかの登坂さん登場にドキドキしちゃいました。
若者のすべて♪聴けて嬉しかったです。

サイン&握手ありがとうございました。
CD何度も何度も聴いてます。

またライブに行きたいです!

apの旅、お疲れさまでした。

投稿: pooh | 2012年8月21日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455490/46673231

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路島の音。そしてみちのくで僕が唄う理由。:

« 伊勢崎2days | トップページ | 秋の訪れに綴る »