« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月28日 (水)

ライヴスケジュール訂正

先日アップしたライヴスケジュールに訂正があります。
4月15日の東神奈川HighPitchでの開演は18:00~となります。
19:30からと表記していました・・・。
お気をつけ下さいませ。
お待ちしております!

亮太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

4月ライヴインフォメーション

4月のライヴインフォメーションが出ました!
どちらも始めての内容でとても楽しみ。ぜひ遊びにいらして下さいませ。

120410flyer
"RE: UNION ~出会うべくして出会った三人のボーカリスト達が送るスペシャルナイト~"
2012年4月10日(火)
赤坂グラフィティ

開場:19:00 / 開演:19:30
前売: 2,500円 / 当日:2,800円

出演:神近まり /Jirafa  / 登坂亮太

不思議なご縁で昔から繋がってた3人のボーカリストのコラボライヴです。
Jirafaはボイストレーニングの同期。劇伴コンポーズもこなす美人シンガー・ソングライター。
神近まりちゃんは以前一緒にライヴさせて頂きましたが、素晴らしい楽曲と素敵な歌声を持つ可愛いシンガー・ソングライター。
それぞれのセットでコラボしたり、最後に全員でセッションもあり、ワタクシも黒一点ガンバリマス。
3人で奏でた時にどんな音になるのか僕自身非常に楽しみ!!
ぜひぜひ一緒に楽しんで頂けたらと思います。
前売りご希望の方は、前日までに、info@tosakaryota.comまで、お名前と枚数をメールください。

PIANO+MAN ~唄とピアノの夜 feat.滝本成吾~
2012年4月15日(日)
High Pitch

開演:18:00
Charge\2,000(Music Charge \1,500+Table Charge \500)

Vo:登坂亮太 Key:滝本成吾

先日高木奏子ちゃんのライヴを観に行って、飛び入りで唄わせて頂いたらオーナーからオファーが!
ありがたい事でございます。
この日はせーちゃんと二人でピアノと唄でシンプルにライヴしたいと思います。
食事もお酒もとってもウマイ!
ぜひゆるりとお客さんとコミュニケーションしながらライヴしたいと思いますので、遊びに来て下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

偉人舞台を観て

Otokokai3
先週木曜日に、劇団偉人舞台の15周年公演「おとこ会~また逢いましょう~」を観にいきました。
とにかく、”泣いた”。泣かして頂きました。
人が人を想うという事。
それぞれの人の価値観で、誰かを”愛する””守る”とは何か?どういう事か?
を笑いと涙で見事に作品化してました。
今回のキャスティングは、それぞれの個性にハマってたような気がする。
それゆえによりナチュラルに心に入ってきた気がします。
毎回発見と感動が偉人舞台にはあります。
15周年公演第二弾は11月。
どんと!みすえて!!(クリス・ペプラー風)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

夏の缶詰2011

Twitterを始めたら、途端にブログアップが少なくなった亮太です。
最近はひと月に一回という過去で一番だらけた状態になっております・・・。
Technologyってはすごいもんで、どんなコミュケーションツールが10年後に登場するかわかりませんなぁ。それが楽しみでもあるんだけど。

そんなこんなしてたら届きました。
ap bank fes'11
Fund for JapanのDVDです。

Toycamera

昨年はfesのギリギリのタイミングでの発売となりましたが、今年はまだ暖かくなる前に手元に届きました。
ワタクシにとっては原点とも言うべきfes。
2005年から7年間携わらせて頂いております。
第一回のfesから、東京環境会議も入れて全てのap bank fesを経験してるのはモチロン小林さんと櫻井さん・・・ではなくワタクシなのですよ!!
意外!!そして光栄!!
なんだか不思議です。
一回目が7年前かぁ・・・若かったなぁ・・・。
BANKBANDを通じて音楽的にも人間的にも、そして環境問題に対しても成長させてもらって来ました。
そんな想いのこもった缶詰が毎年手元に届いて、そしてどなたかに「初心忘れんなよ!」と言って頂いてる気がします。

まだ観れていないんだけど、ゆっくりと観る時間を作って、つま恋の風の匂いを想い出しながら鑑賞したいと思います。
このDVDをご覧になった方々と想いを共有しながら。

あぁ、今日はいい雨だ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »