« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

まさしオメデト

Photo
写真はap bank fesの制作企画中心人物、森ましゃし。
可愛い可愛い弟のような人柄でありながら、仕事の出来るイケメンなんすよ。
イメージは西武ライオンズの中島みたいな感じ(わかりにくい)。

6月29日は森くんの誕生日。
いよいよfesが始まるんだなぁと感じる日でもあります。

Bank Bandのリハーサルも折り返して佳境を迎えております。

ap bank fesの当日が山の頂上だとすると、Bank Bandやスタッフのみなさん、参加アーティストの方々、飲食出店のみなさん、そしてお客さんが色々な登山道でそこに向かっていってるような気がします。
一つの場所、時間を目指して様々な形で大変ながら楽しい山登りを目指しているような。

fesの日々が楽しいのはもちろんなんだけど、そこに行き着くまでの過程で沢山の発見、出逢いがあるのもこのfesの醍醐味なのではないかなと。

森くんの誕生日もその過程の中のひとつですなー。

いつもありがとう。そしてオメデト!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

さぁさぁ!

いよいよ昨日からap bank fes'11のリハーサルがスタート。
今年で7年目のBANKBANDですが、初日は相変わらず緊張しました、ハハハ。
Photo
気分を引き締めると共にフレッシュに行くために新しいバッグをおろしました。
写真のトート、可愛いでしょ?
greenbird吉祥寺のコアスタッフのイラストレーター朝倉弘平氏のデザインしたトートなんです。
タイトルは「BIG MAMA」
彼の描写の中の優しさが大好きです。目が優しいでしょ。
使い勝手もサイコーでした。
今年のfesの相棒ですぜ。

今年もたっぷり演奏します。
タイトなリハーサルスケジュールですが、達人の集まり(僕以外・・・)のBANKBANDですから当日のグレートアーティストを交えたパフォーマンスをお楽しみに!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

受け継がれる音

Photo
先日、久しぶりに両親とランチするべく実家に行った。
足元に後日出す予定の粗大ごみが置いてあって。
「あれ・・・?」と思ってよく見ると、父が使っていたSONYのオープンリールのデッキだった。

小さな時に、父がこれを使ってバレエのレッスンや発表会の音作りをしていたのを昨日の事の様に思い出す。
オープンリールなので、テープを切ったり貼ったりして曲順や構成を編集して一本の曲にするのである。
そして、テープスピードを変更出来るので、レッスン時に曲のテンポを変えたりしても使っていた。
今では音の編集は太頼がPCを使って行うし、レッスンはCDJである。

「捨てるの?」と聞くと「もう一台性能のいい方をとってあるから、こっちは捨てようかと思ってる」と父。

「これ、もらっていい?」
「いいけど使えるかわかんねーぞ」
「ちょっと試しに電源入れてみようよ」

急遽ランチの前にゴソゴソと準備を始める二人を母が何事かと見てる。

電源を入れて、父がバレエの曲が入ったオープンリールを持ってきて慣れた手つきでセットしていく。
スイッチを入れると、オーケストラが温かなテープの音で流れてくる。

「使えるじゃん!」
「使えるなぁ!でもこれ何に使うんだ?」

最近の音楽製作はほとんどがデジタルでのレコーディングである。
音はもちろんいいのだけれど、その音に温かみや手触りを加える為にテープの音を再現するソフトまであるくらいだ。
一手間加える人は、デジタルで録った音を一回テープに流しこみ、それをまたデジタルに取り込んだりする。

最近自分でもデモを作ったり、インストゥルメンタルの曲を打ち込みで作ってミックスする時に、そういったやり方に興味を持っていた。
まぁスタジオで使われてる業務用のオープンリールなんてデカイわ高いわメンテナンスが必要だわで現実的ではない。
かといってカセットテープで代用するのも味気ないなぁと思っていて、以前から父が使っていたオープンリールはどうしてるんだろか?と思っていた。
それがこんな形で再会するなんて、しかも捨てられそうな直前に!!

オープンリールのニーズもどんどん減っていて、以前父が新しいテープを買いに行くと生産終了となっていて、探しに探して秋葉原で放送局が払い下げた空きテープを大量に買ってきていたのを思い出した。

消え行くテクノロジー、されど必要とされてる音がここにあった。
それが父から子へという形で受け継がれる。

「まだバレエスタジオを始めたばかりの頃は、これを車に積んでレッスンに向かってたもんだ。」
「私も良く使ったわ」
「ふーん」

若かりし頃の父と母の想いとストーリーも一緒にこのデッキに込められている。

これから僕が創る音が、このデッキを通すことでどんな温かみを帯びて耳に響いてくるのか。
本当に本当に楽しみだ。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

アトリエ

そろそろかなぁと思いながら、探しだすといきなり出会います。
以前からアトリエとして使えるスペース、すなわちスタジオを創りたいと思ってました。
期は熟すというもんで、人やモノやタイミングが合うと急に見合う物件がみつかったり。
という事で立ち上げました、TigerSheepStudioです。
先日、その最初の搬入を行いました。
Photo
写真はせーちゃん。
なんというか、秘密基地を空き地に作った子供心を思い切り思い出しながら二人でワクワクしながら搬入していったワケです。
ここに色々な楽器や機材がこれからさらに入り、リハーサル&レコーディングが出来るアトリエが充実していくワケです、少しづつゆっくりね。
Photo_2
とは言ってもやらないといけない作業はあるわけで、簡易セッティングでせーちゃんは作業。
ああ、欲しい物がドンドン出てきますがな。
これからこのスタジオがどんな風になっていくのか、そしてどんな音楽がここから創作、発信されていくのか、ぜひ楽しみにお待ちしてくださいませ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »