« It doesn't know parents. | トップページ | モノの音と体の音 »

2008年10月 8日 (水)

ベランダに残る想い

家族が揃ったので父&母と久しぶりに寿司を食べに。
その帰り、ふいに父が寄りたい場所があると言い出した。
そこは先日まで父が講師を勤めていた、父の師匠のバレエ教室。
近年、その方が亡くなり、奥様も亡くなり、後を継ぐ人も無くそのバレエ教室は長い歴史に幕を下ろした。
父もそれ以降は毎週通っていたその建物には行ってなかったので、その寿司屋から近い事もありどうなってるか見たくなったというわけだ。
人けの無いその家の玄関に大きく”売却物件”と看板が出ていた。
しばらくそれを見つめて父は、

「寂しいもんだな」

とポツリと呟いた。
そりゃ寂しいよね、何十年も通った自分のバレエの原点の場所が無くなるっていうのは。
そういや昔、この近くに部屋を借りてたって話を聞いてたのを何故かこのタイミングで思い出した。僕が母のお腹の中にいる時に住んでいて、生後8ヶ月までいた場所だ。

「行ってみようよ」

と切り出した。
歩いていける距離のハズなのに、あまりに景色が変わったので父も母も分からずグルグルと車で回ってしまう。
段々頭の中の景色と地形が一致してきたのだろう、母が「こっちじゃない?」父が「そうだ、こっちだ」と言い出した。
住んでいた頃は小さな川が目の前に流れていたそうだ。今では川は埋め立てられ緑道になってるハズとのコト。
一階が大家サンの家で、当時でもすでにボロいアパートだったらしい。

そりゃ建物も変わってるだろうし、目印になるものもないはず・・・と思ったその時、目の前に当時のままのアパートが現れた。

父がまだ28歳の時にすでに古かったというコトは、築60年くらい経ってるってコト・・・?
しかも人が住んでる気配があるのだ。現役なのだ。
鳥肌が立った。
目の前の緑道に周り上を見上げる。
6畳の和室に1.5畳の台所。それだけの部屋。
洗濯機は共同で、階段の下で洗濯してた。

「でもベランダが広かったから洗濯物が干しやすかったし、日当りも良かったのよ」

僕は見た事がある。

そのベランダに立ち、僕の生まれる5日前にお腹の大きい母は手に紙を持ってにこやかにカメラに向かってる写真を。その手には、
”亮太 6月25日”
と書いてある。
当時25歳の母は強く美しかった。
今、そのベランダが目の前にある。人の気配はない。
ふいの再会。なんだか予想もしてないそのままの再会に涙がポロポロ出てくる。
師匠の教室の近くに住居を移し、バレエで身を立てると誓った若い父。
臨月を迎え、母になる準備を着々としてた若い母。
なんだかその思いがまだそのベランダに残ってて、僕に
”大きくなったなぁー、がんばってるかー!”
って話しかけてる気がしてならなかった。


|

« It doesn't know parents. | トップページ | モノの音と体の音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455490/38403620

この記事へのトラックバック一覧です: ベランダに残る想い:

« It doesn't know parents. | トップページ | モノの音と体の音 »