« そういえば | トップページ | AcousticPlate vol.17 »

2008年5月25日 (日)

シンプルな願い

両親の知人が癌になった。明るくて元気で優しい人。
僕も昔は何回も会った事がある人。
彼女は37歳。2歳半の息子さんがいる。
医者には余命1年と言われて、1年半が経過している。

両親が見舞いに行った時、彼女は弱い所を見せずに気丈に「くよくよしないです」と言ったそうだ。

以前、特定非営利活動法人HOPE★プロジェクトの理事長、桜井なおみさんにその話をした時に、桜井さんの知人も同じタイプの癌を宣告され、余命1年と言われてから10年近く経った今日も生きてるから亮太君の知人の方も頑張って欲しいと思うと言ってくれた。

彼女は今、何を思うんだろう。
彼女の気持ちになろうとしたけど、到底出来るコトじゃない。

僕は先天性
心室中隔欠損で7歳の時に手術を受けている。

完治して、毎年検査に行っていたが高校生からアメリカンフットボールを始めたくらいに先生から「もう来なくていいよ」って言われた時は嬉しかった。
家族や親戚、知人が皆心配してくれて、守ってくれた身体だから大事にしないとって思ってる。

だけど、

物事がウマくいかないとか、モチベーションがあがらないとか、そんな事でクヨクヨしたり愚痴をもらしたりしてしまう自分をリアルに鑑みて、情けない気分になる。

いつもそうだ。

そうやって頑張っている人に何かをもらってるのにいつの間にか忘れてしまって、こうやってまた痛感させられる。

生きる。

そんなシンプルな願いと想いを忘れてそれ以上を欲しがってもんどりうってる。

喉元を過ぎても忘れないくらい熱い気持ちを持っていないと。

そうやって唄っていかないと。

落ち込んでた父が独り言の様に放った言葉に、僕も想いを重ねた。

「奇跡でもなんでもいいから治って欲しいなぁ」

|

« そういえば | トップページ | AcousticPlate vol.17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455490/38403767

この記事へのトラックバック一覧です: シンプルな願い:

« そういえば | トップページ | AcousticPlate vol.17 »