« green bird nightリハーサル | トップページ | green bird night »

2006年7月 5日 (水)

料理のストーリー

kurkkuへ。

以前から行きたかったkurkku。

とても落ち着いた店内。丁寧なサービスのスタッフの方々、そして。

頂いた料理の素材の味に感動。

厳選された素材の野菜達、なんていい方はいかにも”特別”に聞こえるけど、いわゆる”特別”な事を何もしないで”そのまま”育てた素材達なのである。

現代では生産性、安全性重視の為に”そのまま”の素材は本当に少なくなってきてるのではないだろうか?

その”そのまま”の野菜達のなんと甘いこと!!

これは本当にオドロキ。

モチロン調理や味付けがされてるんだけど、それらは決して素材の味を邪魔していない。

なんというか・・・、野菜達を人間が暖かく包んで育てて、暖かく包んで調理してる、そんな感覚。

なんだかキナ臭い事件が相次ぐ世の中。

子供達もいい意味で”そのまま”を大事に育てる事って大事なんだろうなー、と思った。父親でもないのに、ハハハ。

でもそれって沢山の愛情や手間がかかる。

それを放棄しがちな世の中なんだろうなー。

野菜やお肉からその愛情や手間隙かけた物語を強く感じた。

kurkkuのHPにある言葉「料理にもストーリーがある」。

納得。

|

« green bird nightリハーサル | トップページ | green bird night »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455490/38404456

この記事へのトラックバック一覧です: 料理のストーリー:

« green bird nightリハーサル | トップページ | green bird night »