« 月 | トップページ | 様々な想いのカタチ »

2006年3月21日 (火)

WBCが見せてくれたモノ

wbc感動シタ!

第一回WBC(world baseball classic)が幕を閉じた。

初代チャンピオンは日本。そこに見えた様々な事がある。

まずは日本に大きな拍手を送りたい!本当にスゴイ事だし、日本人としては嬉しい限り。

選手の皆さん、スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした!

ただ、正直に言えば、アメリカにもうちょっと頑張って欲しかったなという気持ち。

明らかに決勝トーナメントを見越した予選リーグ編成(日本、韓国、メキシコ、アメリカ)、ストライクゾーン等のアメリカルールの適用、開催地、選手層、歴史、日本戦での誤審等など・・・。

数えたらキリが無いほどのアメリカの圧倒的優位性の中、予選リーグで消えるという予想だにしない事が起きた。

僕がアメリカ国民だったら惜しみないブーイングを選手達に投げつけてるだろうなー。

ちなみにブーイングって行為自体、大嫌いだけどね。

ただ、アメリカは優勝しなければならないのではないかなーと思った。

世界の野球レベルがかなり切迫してるとは言え、世界最高峰のメジャーリーガー達は誇りと意地をかけて勝たなくてはいけかったのではないかな。せめて決勝には進むべきだと思う。

そう、その誇りと意地ってトコロで感動したチームがある。

キューバ。

当初、アメリカはキューバの参加を認めなかった。もちろん国際的な政治的な問題の為である。

WBC参加国にはアメリカから報奨金なるものが出る。しかしアメリカは未だに経済制裁を行ってるキューバに対して入国を認めたくなければ、報奨金も払いたくない。

そこでキューバは「報奨金はいらない。カテリーナ被災地に回して欲しい」と訴える。

結局キューバの出場が決まったのだが、政治の世界や国際的な背景は色々とある、でもあえて言わせてもらえば、

スポーツに持ち込まない事は不可能なんだろうか・・・

って事かなぁ。

ちなみにキューバには野球のプロリーグは無く、全員アマチュア。アメリカと言えばメジャーリーグは選手の年棒が高騰して、リーグの存続事態に問題が起きてる。

それでもキューバ野球は五輪野球で昨年のアテネ大会を含めて金メダルを3度獲得。国際野球連盟主催のW杯は現在9連覇中。

野球が好きなのか、金が好きなのか。

彼らの方が野球母国の人間よりも野球自体を愛し、プライドと意地を持って戦ったのではないだろうか。

|

« 月 | トップページ | 様々な想いのカタチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455490/38404547

この記事へのトラックバック一覧です: WBCが見せてくれたモノ:

« 月 | トップページ | 様々な想いのカタチ »