2016年12月31日 (土)

解放

間もなく2016年が終わろうとしている。

2014年から男の厄年が始まり、やっと終わろうとしている。正式には年明けの節分までだそうだ。
厄年イブの2013年の後半から始まったと言ってもいいようなシンドイ期間でした。
この3年半くらいで僕の人生は540度変わったようなものだった。
つまり一周回って更に半周というくらい。
人間関係の断捨離のような期間だったのかも知れない。
たくさん傷つけて、たくさん傷ついて、もうボロボロだった。
傷つけるつもりがないのに傷つけて、返す刃で流血するようなもうどうしようもない日々。
信じてた人や人たちに、信じられない扱いを受けて人間不信に何度もなったけど、もうそれはしょうがない、というところに思い至っただけでも大きな収穫だったと言いたい。
反面、それでも僕を求めてくれたり大事にしてくれる人がいた事がそれを上回る大きな財産になったと思うし、そんな存在が健康面で大きなトラブルなく厄年最後の大晦日を迎えられる厄落としになった気もする。
大事に持ってた大きな宝物は砂のように崩れて手のひらからこぼれていったけど、代わりに空いた手のひらで大事な人や新しい自分の可能性を力いっぱい抱きしめて生きていきたいと思う。
別れは悲しいけど、解放でもある。
僕は解き放たれた。
「亮太って何がしたいの?」
としたり顔で聞いてくる人には、
「したいコト全部」
と笑顔で答えてやろう。
そろそろいいでしょう?
厄年に感謝を。
そして来年の自分にキスを。
良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

Live後記

Spruce

ちょっと時間が経ってしまったけど、10月12日に行われたアコースティックギター専門店SpruceさんとのコラボLIVEについて。
このLIVEはSpruceさんが取り扱ってるギターを使って実際にLIVEしてしまおう!というモノ。
試奏ってのは基本的にどこの楽器屋さんもやってるケド、実際にLIVEで弾いてもらっちゃおう!ってのは聞いた事がない。
楽器の実際の音の良さって、確かにLIVEで実際に鳴らしてこそだよなぁと納得。
とはいえ“商品”ですから、こちらはドキドキですよ。。。(^_^;)
取り回しに最新の注意を払っての演奏となりました。

今回ワタクシが使わせて頂いたのが、
Gibson LG-2 3/4 1950
Martin 000-28
の二種類。
写真の手前の12弦は当初ギャグで選びましたが、結局冒頭弾いてみました。ムズかった。。。

12

まずはGibson LG!

Lg

こちらはGAKUさんが弾いていて、以前から(弾いてみたいなぁ)と思っていたギター♡
サイズが小さくて抱きやすく、弾きやすそうなイメージ。
J-45を愛用してるワタクシとしては、手触りの感覚が共通しているのでなんとなくシックリ。
音はブルース向けのサウンドで汎用性と言えば少し物足りないかも知れないケド、小さいボディの割にはしっかり鳴っててビックリ。
作曲の時に傍らに置いておいて、コードの確認とかでさっと手に取ったりする使い方なんかもいいかも!と思いました。

そして写真中央のMartin 000-28。
これはヤバかった。。。
もうね、持った瞬間に「あ、ヤバイ。。」と思う抱き心地(さっきからコレばっかりだけど、大事なんですよね、肌感覚)。
初デートでハグしたらピーンとくるような感覚。
ボディはLGほど小さくはないものの、薄めでちょうどいい感じ。
大きすぎず、小さすぎず。それでも優しいカーブがフィットする感じ。
以前、Martinの購入を検討したコトがあるんだけど、「やっぱり男はGibsonやろ!」という思いもあり、その時は見送ったのです。
LIVEして弾きながら唄ってみたら、自分の声質にはMartinの方が合ってるなぁと実感。。。
かずまにも「前からそう思ってましたケドね。」と言われてしまい、さらにドキドキが加速。。。

「ほ、欲しい。。。」

このLIVEって、もしや、弾いたミュージシャンに買わせる為のイベントなのでは。。。(;´Д`)ハァハァ
と社長の素晴らしいお人柄を一瞬疑ってしまいそうなくらいにこのギターに魅力を感じてしまった次第でございます。。。
ちなみにお値段を聞くと、この程度の良いトリプルオーが買えるとするとなんてステキ!というお値段。。。
これはますますムムム。。。

結局この日は欲望をグッと抑えてのLIVEとなりましたw
しかしさすがの社長のこだわりのラインナップだけあって、どれも厳選されたいいギターばかりでした!
ぜひ、どんな音で鳴るのか知りたい方はSpruceさんのHPにて定期的に行われてるこのLIVEに足をお運びくださいませ。
「あのギターの音色を聴いてみたい!」ってお願いしたら、LIVEで弾いて聴かせてくれるかも、しれませんよ(*^^*)

P.S.
例のMartinトリプルオーは現在ひっそりと商談中です。。。(;´Д`)ハァハァ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月29日 (金)

早い。。。

ブログを10年以上続けて来たケド、やはり月日は流れ新しいコミュニケーションツールや新しい表現の中で、もれなくワタクシもTwitterやFacebookに気を取られてこちらをだいぶないがしろに。。。

前回の投稿が1月3日なので、もうこれは3ヶ月に1回というペースになりつつある。
今日はなんとなく書いてみようかな、と。
本日は西くんがワタクシをイメージして書いてくれた曲、「Rainseeker」のRECと動画撮影の日。
ピアノに菅原敏くん、ドラムに今村慎太郎くん、ベースに松野圭悟くん、そしてギター西広樹くんという布陣。
とにかく楽しかった!

Img_9034

空気と気持ちをお互いで読みながら、ひとつの曲が形作られる時間は大変ではあるけどやはり楽しい。
今日の音源は近々みなさんにも観て聴いていただけるパッケージになる予定。
お楽しみに!

Img_9035_copy

本日のマイクはNUEMANN U87。
さすがスタンダード。
自分の声の好きな部分をキャプチャーしてくれる。
ジリッと歪んだ温かな音が気持ち良かった。
エンジニアの水谷さんに「本当にいい声ですねぇ。。。」と言ってもらって、
本当に嬉しかった(TдT)

動画撮影も含めてかなり何回も唄ったので、やや喉は疲れ気味だったけどいいテイクが録れたと思う。
おまちくださいませm(_ _)m

という事でこの辺で今日はここまで!
オヤスミなさいzzz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

2016年、明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます!
年末に記事を書こうと思いつつも、結果そんな時間は皆無で新年を迎えました。
昨年も一年通して様々な出逢いと別れがあり、そして様々な場所で音楽を奏でてきました。

振り返ってみると2015年は達成感としては3割だったと感じています。
それは足りないという事ではなく、満たせない後悔みたいな感覚。

インプットしたかった事へ結局届ききれなかった感じ。
怠惰にも過ごしてなかったし、スケジューリングも無駄にしてなかったのにどうしてなんだろう?
と年末から色々と考えてみたけどやはり時間の使い方、そこへの気持の切り替え等がうまく出来てなかった気がします。

今年は大きく自分の音楽の形が変わる予感がしてます。
なんというか、メインの表現方法のバランス感の比率というか。

それと同時に、考える必要があるもの以外はあまり難しく考えないコトにしました。
すべてを小難しくひっくり返して考えたって、いいコトなんてなかった。
ここ数年言ってるかも知れないけど、まずは行動してみる。
プライドや周りの声を気にして言動しない。
その辺はシンプルに行きたいな、と。

作品を創る時には時間切れまで、こだわってこだわってこだわって。
その自分の中のスイッチをしっかり持ちたい。

そしてもっとフレキシブルに。
自分の頭の中の理想の流れや形にいちいちこだわり過ぎて、なにも進まないままに時間が進んでいくのはもうやめる。

とにかく手を動かす。そうすれば自然にモチベーションがあがる、集中できる。
モチベーションがあがるのをただ待ってたってなにも進まないから。

今年は食べて排泄するのが自然の人間の営みのように、色々な音、文字、色、形、匂い、感触、味、感動を吸収して、作品を産みだしていきます。
当たり前のように。
その行為の繰り返しは、自分の身体の中に栄養を取り込み新陳代謝を繰り返す為の物だから。

すでに波乱が起きそうな年明けにはなってますが、波に乗りながら、楽しんでコントロールしていきたい。コントロール出来ない事さえも楽しめる人間になりたい。

今年もよろしくお願いします。

2016年1月3日
登坂亮太

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

灯る願い。ふくしま。

Akarito

ふくしまアカリトライヴ2015、とても素晴らしいイベントでした。
GAKUさんが旅しながらキャンドルを福島に持って行きたいと願い、そこに賛同したミュージシャン達が集ったイベント。
とにかくすべてが優しく暖かった。
大好きなRHYMESTERさんにも再会出来たし、ハジ→くんのパフォーマンスも素晴らしかった。

僕と言えばヨースケやmiyaくんに続き、キャンドルが灯り、そしてGAKUさんのLIVEも終わった最後の最後に外のステージでLIVEさせてもらいました。
しかもヨースケとmiyaくんにサポートしてもらうという贅沢さ!

まさかのLIVE直前に雨が降りだすというお約束の神がかり方だったけど、僕を知るリスナー達は暖かく笑顔でその雨を迎えてくれました。
途中止んだケドね!!w

やっぱり体感的にも現実的にも東北を支援する企業、自治体、団体が減ってきている気がする。
なんというか、”もうだいじょうぶなんじゃないか?”という雰囲気かなぁ。
もう少し意識するってだけでもだいぶ違うはずなんだけど。。。

今回のイベントに参加させて頂いて、どのくらい意味があったかはすぐにはわからないケド、まずは自分の意識や考えを再認識&再確認出来たのは間違いない。
そして、お酒も食事も美味しいこの街を大事にしたいとほろ酔いで考えました。
また行くよー!ありがとうー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«NAMISTYLE The Live vol.2を終えて